ライアテア

ライアテア

nahoku-slider-bg
raiatea-artist-banner
2-raiatea-artist-banner
3-raiatea-artist-banner

オアフ島で生まれ、3歳からフラを通してハワイの言語、文化や歌を学ぶ。モロカイ島で育ち、2000年に17歳で歌手デビュー。フラダンサーで、自然保護運動家、伝説的ミュージシャンでもあるGeorge Helmの姪でもある彼女は、まさにハワイアン・ミュージックのルーツを受け継ぐ存在。2003年にはファースト・アルバム “Far Away Heaven“ がナ・ホク・ハノハノ・アワードで新人賞(Most Promising Artist)と最優秀女性ボーカリスト賞(Female Vocalist of the Year)を受賞。若くして注目の的になる。さらに2005年にはセカンド・アルバム ”Sweet and Lovely” で、同じく最優秀女性ボーカリスト賞を含む4部門を制覇するだけでなく、2006年、ハワイアン・アルバム部門で女性ソロアーティストとして史上初となるグラミー賞にもノミネート。また、続くサード・アルバムの “Hawaiian Blossom” もグラミー賞にノミネートされている。彼女の音楽は ハワイアン・スタイルはもちろん、それぞれのアルバムに収録されているジャズのスタンダードも話題になり、グラミー受賞者でもあるMatt Catingubとも共演。Matt Catingub Orchestra of Honoluluのアルバム “Return to Romance” にも参加し、こちらも絶賛された。得意のウクレレと透き通るファルセットボイスでフラ・ファンのみならず多くの人を魅了し、愛されているライアテア。”ハワイの文化を守り、伝えていくのがハワイアンとしての自分の役割” と語る彼女の今後の活躍も期待される。

リンク

ソーシャル