キミエ・マイナー

キミエ・マイナー

nahoku-slider-bg
1-kimie-artist-banner
2-kimie-artist-banner
3-kimie-artist-banner
4-kimie-artist-banner
7-kimie-artist-banner
5-kimie-artist-banner
6-kimie-artist-banner

オアフ島でハワイアンとポルトガル系の両親の間に生まれたキミエ。その後ハワイ島コナの街へ移り、そこで育った彼女。幼い頃から音楽に親しみ、14歳からギターを始める。India.ArieやLauryn Hill、Erykah Baduなどから大きな影響を受ける。2003年カメハメハ・スクール卒業後、アメリカ本土のサンディエゴ大学へ進学。旅行が大好きだというキミエ。2004年、大学在学中にレゲエのアイコン、Barrington Levyとの出会いをきっかけに放浪の旅へ。ジャマイカ、香港、タヒチ、そしてハワイへと移り住み、レコーディングをしながら生活を送る。ジャマイカではあのスライ&ロビーとも共演を果たす。2009年にアルバム ”Distant Traveler” でシーンに登場。Irie LoveやFiji、The Greenなど. . . 多くのハワイアンのアーティストともコラボレーション。とりわけ仲の良いAnuheaとは2012年の彼女のツアーに帯同。レゲエやソウルを得意とするも、根底にはハワイアンスタイルが流れるキミエの音楽。ちなみにファースト・ネームのキミエは、彼女のお母さんの親友、“キミエさん(日本人)” から取っているとのこと。今年、ナ・ホク・ハノハノ・アワードのノミネート、そして受賞が期待されている。