カラパナ

カラパナ

1-kalapana-artist-banner

1973年、マラニ・ビリューとD.J.プラットを中心にマッキー・フェアリーとカーク・トンプソンが加入し ハワイで結成されたカラパナ。1975年にファーストアルバム ”Kalapana” をリリース。”Nightbird” や “Naturally” といった大ヒット曲を含む名盤。さらに1976年にはセカンドアルバム ”KalapanaⅡ” をリリース。”Juliette” の大ヒットで日本でも人気が確実なものとなり、アルバムとしてもバンドの最高傑作との呼び声も高い。また1977年には来日、中野サンプラザでライブを行う。この様子は 後にグアムでのライブとミックスされ “In Concert” というライブ・アルバムとしても世に出ている。また2013年には結成40周年を記念し、2枚組みのベストアルバム “The Premium Best“ をリリース。ナ・ホク・ハノハノ・アワードの前身とも言われているナニ・アワードでも賞を獲得。ナ・ホク・ハノハノ・アワードでは2003年に “Blue Album”で、2009年には “Many Classics : Kalapana Plays Their Best” で ”Rock Album of the Year” を獲得。さらに2011年には “Lifetime Achievement Award” を受賞している。たび重なるメンバーチェンジを経て、現在はマラニ、D.J.、日本人ベーシストの佐野健二、キーボードのゲイロード・ホロマリアの4人で精力的に活動中。元祖サーフロックバンドと呼ばれることも多く、爽やかなコーラスワークと熟練された高度なテクニック、潮風を感じさせるロック、フィージョン、ジャズが融合されたAORな美しいサウンドが、聴く者をビーチサイドに誘う。

リンク

ソーシャル