artist-single-header

Kapena

Kapena
カペナ

過去に20枚以上のアルバムをリリースしている、ハワイで最も知られているアイランド・バンドの一つ。
バンド結成から現在に至るまで、 幾度かのメンバーチェンジを経たものの、創立メンバーでもあるケリー・ボーイ・デリマ(Kelly Boy De Lima)は現在もリーダーとして活躍。そして、2000年代のはじめに、ケリー・ボーイの3人の子供、カペナとカレナク、そしてリロがグループに参加するとカペナの新しいサウンドが生まれ、現在はファミリーでバンド活動中。ケリー・ボーイの息子カペナ・デリマはオリジナルアルバム “Cast Your Cares” で2014年のナ・ホク・ハノハノ賞で最優秀コンテンポラリー・アルバムを受賞。
トラディショナルからオリジナリティあふれるコンテンポラリーサウンドまで、往年のファンに加え、新しい世代のファンをも魅了し続けている。

 

ケリー・ボーイ(リードボーカル、ウクレレ)
カペナの創立メンバーであり、現在もリーダーのケリー・ボーイ。1984年にトンガ出身のタトフィ(Tatofi)兄弟とともにオーディション番組”Brown Bags to Stardom”を受けることから彼の音楽キャリアをスタート。「あのハオレ(ハワイ語で白人の意味)はハワイアン音楽が上手い」とグループは評判になり、ハワイで最も熱いバンドの一つとして注目を浴びる。30年以上に渡り、古さを感じることのない心地よいアイランド・ミュージックを世に送り出す彼。週7日間演奏をし、今も世界中をツアー、温かい人柄と人をひきつけるステージ上で、音楽業界でも評判のミュージシャンとして現在も活躍中。
Instagram

 

カペナ(ボーカル、ドラム)
バンドのメンバーとなって15年のカペナ・デリマ。11歳でキーボードを担当し、現在はドラマーであり、ミュージカル・ディレクターも務める。 2009年にカリフォルニアのEx’pression College for Digital Arts大学を卒業、オーディオ・エンジニアリングを学ぶ。ブー・プリント・スタジオのオーナー兼ヘッドエンジニアでもある彼は、2013年にナ・ホク・ハノハノ賞、最優秀エンジニア賞を受賞。翌年にはソロアルバム「Cast Your Cares」で最優秀コンテンポラリー・アルバムを獲得。ハワイではスタジオエンジニア、そしてミュージシャンとして貴重な存在である。
Instagram

 

カレナク(ボーカル、キーボード)
2006年からキーボードとボーカルを担当するカレナク・デリマ。父ケリー・ボーイとハワイアン音楽を歌い、ウクレレを弾きながら育った彼女は、10年以上に渡りクラシックピアノと声楽を学び、2010年にはアイランド・レゲエのデビューシングル「Hideaway」をリリース。ナ・ホク・ハノナノ賞にノミネート。2011年にはアウラニホテルのオープンの当時のナイトショー「アウラニ・スターリット・フイ(Aulani Starlit Hui)」で女性リードボーカルに抜擢される。ハワイ大学を卒業後、現在はカペナの活動と並行して、カピオラニ・コミュニティ・カレッジで ニュー・メディア・アーツを学びながら、グループのグラフィックデザイナー、ライターも目指す。
Instagram

 

リロ(ボーカル、ベース)
ここ数年ハワイで活躍し続ける数少ない女性ベーシストとしてもおなじみのレオラニ ”リロ” デリマは、2009年からグループに参加。ベースを始めたのは、2006年に父ケリー・ボーイとのデュオの演奏を勧められたことがきっかけ。演奏を続けることで成長したリロは、シンガーソングライターとしても活躍中。デビューシングル「I Am A Queen」はナ・ホク・ハノナノ賞にノミネート、ハワイのレゲエラジオ局のランキングでは数ヶ月にも渡り上位をキープ。現在はライターとしても実績をあげ、その作品には姉妹のカレナクとジョッシュ・ジョーンズ(Josh Jones)をフィーチャーした「My Everything」、そして彼女自身の最新シングルで、バンド Steel Pulse のベース アムラク・タファリ(Amlak Tafari)をフィーチャーした「The Peasant and The Queen」などがある。
Instagram

リンク

ソーシャル